So-net無料ブログ作成
検索選択
 
行ってきました。 ブログトップ

ITフレンド [行ってきました。]

ITフレンド(ボランティア)養成講習会へ行ってきました。
IT(アイティ)フレンドとは、
障害者の方にパソコンなど、情報機器の利用を支援する
ボランティア。
西鉄春日原で電車を降りた、クローバープラザってところで開催中!


ITフレンドとか言うと、なんかアヤシい
ちょっぴりオトナな世界をかいま見ちゃうぞ。
みたいな雰囲気あるよね!

なんて言ってたら、穢れた大人扱いされました。

まぁ、ようやく大人の階段を一歩のぼったような気がする昨今なのです。

なんでこの自分の頭の上のはえも追えないような私がITフレンドか?
という事には一抹の疑問がのこるのですが、そこは、それ。
あまり気にしないでください。

世の中の、使命感に燃えて。とか、
自分に少しでもできることを。とか、
困っている人の手助けをしなくちゃ!とか考えていたわけではないのです。

そんな善良な気持は、あまりないのです。
ただ、なんとなく。
詩人のような気分で出かけていったのです。
まぁ、神様に導かれるようにとか言ってみたい年頃なのでしょう。

行ってみたら、2分遅刻してて、
すでにはじまってやんの。

ざっと見渡すと、年齢層が非常に高い…。
あらー。なんか会場間違えたかなと思った。

授業中も、おばちゃんの、けたたましい笑い声とか、話し声とか、非常にフランクな授業風景で、もしかしたら、一種のソフト学級崩壊かなと思うくらい。
途中でトイレとか勝手に退席してる感じ。

講師の人は、IBMの人なのだけれど、カジュアルな服装。
ポロシャツをINしていて、にこやかな近所のおいさんのような人。
その姿は、まさに、ITフレンド。

更にITフレンドは2〜3人いて、背後からモニターを覗き込み、不測の事態に備えている。
ITフレンド軍団。

そのITフレンドたちは、すぐにおばちゃんに捕まって、講師の人の話中でも大声で、「こら、どうなっとるとですか?」と聞いてくる。
ITフレンドは、初老の上品な人にありがちな丁寧さで、「あ〜、これは、こげんすっとよかですたい。」と、更に大きな声で親切に応えている。

更に、講習を受けている我々の前には一人一台ノートパソコンが割当られ、
気分を良くしたITフレンド予備軍のおばちゃん(おじちゃんは遠慮してさわらない)が音声読み上げソフトを「こらなんやろか?」と立ち上げ、全ての動作に対してパソコンが説明するようにしゃべり始める。

あわてるITフレンド予備軍のおばちゃんは、ITフレンドに助けを求め、事なきを得る。
いや、全然、事なきを得てない。とも言う。

昼休みは、みんな女学生のように机をガタガタ移動させお弁当を食べる
おばちゃんがたの緑の声が響き渡る。

まったく、そのような状況に慣れていない私は、部屋をふらふらと出て、クローバープラザを探検する。

クローバープラザ1階では、甲高い声が響き渡っている。
なんだ?と思っていたら、詩吟友の会みたいなのがホールでやってた。
こわいこわい!

エレベーターに乗って帰ろうとしたら、おばちゃん2人組が、「よかですか〜」と言って乗って来た。
よかですかもなにも、公共のエレベーター。しかも、既に乗り込んでいる。
「こっちは、あっちとは違うよね〜。」
「なんの!いっしょたい!ねぇ!」
話しかけてくる。びびる。
クローバープラザは、西棟と東棟があって、エレベーターも別れている。
その事を言ってるのかな?と思い、「あっちのエレベーターとは行く所は違いますよ」と言う。
「でも、連絡通路で繋がっていますから…。」と説明。
「あら、そうね!」と分かったのか分かってないのかよくわからない返事。
エレベーターが4階で止まる。
おばちゃん、くるくると左右を見渡して、連絡通路を無視して反対側に歩き出す。

「連絡通路あっちですよ!」
と言うと、
「あら、あっちやったかね?こっちやろ?」と…。俺に聞かれても知らん。
「東棟ですか?西棟?」
「にーし!」
「じゃ、こっちです…。」
「なーんね、こっちでよかげなたい!」
立ち去るおばちゃんの後ろ姿を眺めながら、
やっぱし、おばちゃんは、怖いと認識を新たにする。

教室に帰ると、自分の席のイスが無い…。
おいちゃんに占拠されてしまっていた。

ITフレンド。
まずは、メンタル面から鍛えなければ…。

タグ:ITフレンド

DTP・WEB講座に応募してみたのです。 [行ってきました。]

なんかさ、素人相手に鼻歌まじりで参加したのです。
DTP・WEB講座
福岡県吉塚合同庁舎でやってた募集。

講座料無料だったし。

受けちゃえとか思って。
抽選というか試験ありの選抜形式!
ら・ら楽勝!

カジュアルな格好で、ふらりと行ってみたら、

す、すげぇ緊張感…。
もう、ぴーーーーーん。とか聞こえない音とか聞こえてきそう!
なんか、みんな目が肉食獣みたいな目しててさ。
ネクタイとか必須な感じで、面接とかしてやんの。
面接が5人面接で、もう、涙出そう。

サバンナのさ、チーターとか、ライオンとかいる荒野に放り出されたニホンザルの心境。
きっと、温泉セット(洗面器とタオル)とか持ってる感じ。
リンスにビダルサスーンとかきっと洗面器の中に入ってるはず。
それくらい観光気分。
それくらい空気が読めてない。

受験番号とかあるんだぜ!
受験番号とか!!!
とか、思ってたら、入り口で聞いた受験番号忘れてやんの。
くるっと後戻りして、「す、すみません。番号何番でしたっけ??」
引きつってる顔で聞き直す。
聞き直しながら、もう、このまま帰っちゃおうかとか思ったけどね。
なんか、自分が自分でなくて、机とか、イスとかにガンガンぶつかりながら着席。

もう、面接とか泣きそう。

みんな言うのよ!
受験生バリに。
就職氷河期世代ばりに!
昔から夢だったデザインや、編集の仕事を!!
とか、
女性のわたしには年齢もギリギリで、最後のチャンスなんです!!
とか、
親を説得してきました!!
とか…。

なんか、もう泣くどころか死にそう…。
我が身を振り返って…。

やめたいー。
やめたいー。
かえりたいー。

もう、自分がはずかしい。
生き方がはずかしい。
今まで、こんな職種ありえんよねー。
徹夜とか、休みがないとか、
マゾだらけの職場だよねー。
とか、
そんな事言ってた自分が、生きていていいですか?って思う。

もう、ほんと、面接の途中から、ごめんなさい!ごめんなさい!と土下座したい気持になった。
(しないけどな)
そんなこんなで、自分の番
なんか、素人相手に、もう、惨敗の面接。
何しゃべったかよくおぼえてないのであった。

まぁ、今年はじめからさ、素人相手に大惨敗してるのですよ。
お正月のね、アップルストアの年賀状コンテスト
まぁ、とりあえず、今年最初から勢いつけたろか!と思い、
足取りも軽く、年賀状コンテストに出したらさ、

なんか、1票もはいんねーんでやんの!!

今、司馬遼太郎の「坂の上の雲」とか読んでるんだけど、
もう、大国ロシアの日本に対する侮り方そっくり!
ど素人相手にまけるもんかねぇーとか
文化程度、低い低いー!とか侮ってたらさ。
そんなこと思ってたら、
すんげぇ、うまいイラスト描いてたやついてさ!
おそるおそる、
あの…。イラストレーターの方ですか?
と聞いてみると、
いいえ?
とか言うの。
すずしーーーい笑顔でさ。
もう、この極寒の中、そんな涼しい笑顔されたら、凍えてしまいそう。

こっちも、笑い返したら、まぶたの下が、あまりにも悔しさがにじみだして、痙攣しやがんの。

普通、笑顔ってイメージ。
丸くって、柔らかい感じするじゃない?
それがさ、その時の笑顔が、もう、なんかひざ擦りむいた時にカピカピになったカサブタみたいなの。
ある意味、岩。
岩に刻まれたガッチガチの笑顔。

正月から、そんな屈辱とか感じていたりします。
ほんで、一週間経たずに今日再度、場違いな場所に出かけていって、
泣きそうになって帰ってきました。
帰って来たら、ポストに先輩からの8日遅れの年賀状。
っつーか、年賀ハガキでもないじゃん!
もう、素。
素の絵はがき。

しかも、引っ越し完了。って文字。
おうちたてたんだって!!
今年は勝負します!
だって!
俺と勝負するのか?!
この連戦連敗の俺様と!
と、一瞬思ったけど、
俺なんかと勝負する人じゃないなー。
この人は、世の中と勝負するって言ってるんだなー。
とか考えて、更に、どよーん。

そんな明るく見えて強烈に屈託のある年のはじめを過ごしています。

今年は、素敵な一年になりますでしょうか?

福岡空港 [行ってきました。]

091212_1945~01.jpg
あと一時間待ち
寝てるのは外人。↑

お花見はスリル満点。【福岡市中央区舞鶴公園】 [行ってきました。]

おひさです。

花見に行ってきました。

sakura.jpg
きれいなのです。
若干薄曇り。

ちなみに画像処理済み。




IMGP5489.jpg
オリジナルはこちら。


こんなファミリーもいました。
ひょー!スリルまんてん。
IMGP5493.jpg
ごろりところがったら、きけんなことにっ!

ホームページはこちら


舞鶴公園



里の山にゆきました【熊本市 谷尾崎】 [行ってきました。]

今日は打ち合わせで、熊本まで行ってきました。
早く着き過ぎたので、裏山に登ってみました。


見下ろすと、こんな感じ…。
これで熊本市内なのですね。

とてもすてきな山です。


とてものどかな感じです。


向うの方には熊本城も、西原村の風力発電も見えます。


みかんもあります。


かきもあります。


実は落ちまくるるほどあります。


捨てるほどあるので、鳥もきます。アマアマです。


すずなり劇場


たにしもいます。


実は、タニシじゃなかったです。
通りすがりのおばちゃんが、怒鳴るように「そら、かわにな!」と、おしえてくれる。
ちょっとびびる。


「かわにな」が、ほたるのえさだと力説中のおばちゃん。
おばちゃん、はたけしごとちゅう、話し込んでいて。
おしごとは、だいじょうぶですか?

打ち合わせが終わったので、バスで帰ります。


バス停の近く、こんなレトロなポストにもJPの魔の手が…。


JPの息のかかったポストの横になかよく座るおばあちゃん。
こんにちはーと挨拶をすると、唐突に、「わたしは、もう、90になります。」と話し始められてびびる。


バスはすいてました。すわりほうだい。前をゆくおばあちゃん。


バスの中から。
ほら、鳥居がかっこいー!

ほんじゃ、交通センターから高速バスで、福岡までー。

実は、明日も、熊本人吉へー!


神社へゆきました。【福岡県福岡市 護国神社】 [行ってきました。]


でっかい鳥居。鳥居は、なんか4カ所あるのだ。敷地の入り口に3つと、境内の入り口にひとつ。


いつもは、左右のテントも無くて、人が2〜3人くらいしかいないので、気持ちいいのだ。
廻りを取り囲んだ樹の匂いが心地いいのです。


むむ?何やら正装した人が…。


いやーこの日は天気がよかったのです。まるで、動物のように毛皮を纏ったような樹。


さわさわ言ってました。

でっかい灯籠。


はとにえさをやる こむすめ。


寄ってきたら、「ぎゃーーー!」と叫び声を残して逃げる…。


こわい?


おお!神前結婚式!正装した人はこれだったのかー。


巫女さん!かっこいー!
すえながくおしあわせに。

護国神社


くげの街へゆきました。[福岡県太宰府市 太宰府天満宮] [行ってきました。]

えー、太宰府天満宮へゆきました。
学問の神様といわれている、菅原道真公が祭られています。
九州に流された後、京にあった梅が、道真を慕って一夜のうちに飛んできた飛梅伝説。
道真公は、死後祟り神となって、災いを起こした為、この太宰府天満宮を建立して魂を鎮めた等、いろいろと伝説があります。

行って見ると、偶然、曲水の宴が執り行われておりました。


太宰府の駅。町娘もおわしまする。


駅のあかりも、おくげさま仕様。


町人。


ききょうや。


殿、殿中でござる。


殿中でござるー。バザールでごザール。
梅も咲いてるでごザール!


おててを洗っていて、上はきっと見てない人のためにアップするでござる。


梅の花びらの舞う池におわしまする、おくげさまの愛玩動物。
ういやつよのう。


くるしゅうない。よきにはからえ。


龍笛がじょうずなむすめさん。
かっこいい。
ピアスを開けたことの無い耳が麗しゅうございました。


水干に立烏帽子、白ざやまき(刀)の白拍子。
平家物語の頃は、烏帽子、白ざやまきはなくなってたんだって。


のりかがいました。


ほれ、このとおりの、のりかっぷり。


赤の着物に白い手がいろっぽいでござる。


バザールでごザール。(おまけ)
ふところで、わらじをあたためられるようになるのは、
もっと後の時代のこと…。
今は、くるくるまわるのみー。
ういやつよのう。

太宰府天満宮


ぶしのまちにいきました。[熊本:呉服町近辺] [行ってきました。]


ききょうや。


ぶし。


ちゃみせ。


おとりつぶし。


まちむすめのいる…。


こっとうや。


はしのした。


もんじょ。


よみせのきんぎょ。


こいぶみ。


行ってきました。 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。